顔のたるみを改善する方法

人の体は、肌の下に脂肪層と筋肉層とがあります。皮膚は三層に分けられ、外側から順番に表皮、真皮、皮下組織です。若いうちはみずみずしく白い肌で、しわもたるみもありませんが、加齢によってだんだんと老化は増していきます。まだ若い時は、皮膚の深層で新しい肌が次々とつくられ、古い皮膚が剥離して新しい皮膚に代わっています。常に新しい肌が表面に出てきていますので、ハリのあり、もちもちしたなめらかな肌でいられるわけです。しわやくすみが肌にいつまでも残るようになるのは成人後で、それからはだんだんと肌のたるみが増してきます。いつまでも若々しい肌でいつづけることは残念ながら至難の業ですが、ある程度は対策が講じられます。肌を年齢による影響から守るには、強い紫外線を長時間肌に浴びないように注意をすることが大事です。美肌成分であるコラーゲンなど、お肌のためになる成分を体内に取り入れることも重要です。規則正しい生活を送り、毎日ぐっすり眠る時間をとることが、肌の代謝を整えるためには大事だといいます。表情筋を使ったエクササイズを毎日行うことも、肌の血流を改善し、老化を予防することができます。顔の隅々にまで血液が流れるように、表情筋を意識して動かすことで表情が生き生きとしますし、たるみも目立たなくなります。ストレスをためない生活を心がけること、1日を生き生きと過ごすこともたるみ改善につながります。