花火の音はどうやって出すのか

確かにどんなに美しく大きな花火でもどーんという腹に染み渡るような音がしなければ興ざめです。
ではあの花火の音はどうして出るのかと言うと単なる火薬の爆発音だと思ったら違うそうです。
実は花火の中に発音剤というものが入っていてそれによって花火のあのドンという音は作られているそうです。
この発音剤の原料はアルミニウム屋さん硫化アンチモンといった化学物質ですがこれらの配合を変えることで昼昼やバーンズドンなどと音が変わってくるそうです最近は研究が進みドレミの音階を再現できる花火も登場しているのだとか13日の金曜日が不吉とされる理由これはキリスト教の逸話に由来するそうですキリストの最後の晩餐23人の人がいたことから13話不吉な数とされまたキリストが金曜日に貼り付けに処されたとされていることから13日の金曜日が不吉であるとされるようになったそうです