羊羹のもともとの意味はかなり違っていた

羊羹とはもともと羊の肉を煮込んだスープ羊羹の八の字は漢字で羊と書きます。
羊羹は元々は中国の料理で羊の肉を使ったスープのことだったそうです。
鎌倉から室町時代に中国に留学した戦争によって天心として伝えられましたこれが今の羊羹の原型となったと言われています。
ちなみに羊羹のカウントはいつもの肉や野菜を入れた熱い吸い物のことですなので羊羹とはまさに羊の肉を使った熱いスープという意味です。
中国から伝わった羊羹ですが前走は肉食が禁じられているので小豆や小麦粉葛粉など植物性の材料を使って羊羹に見立てた料理が作られました。
それが時代とともに甘みが加わり現在のような蒸し羊羹が生まれたのです宇宙人に誘拐された時のための保険があったかってイギリスのグリップという保険会社が宇宙人誘拐保険という保険を扱っていました。
宇宙人に誘拐されたり食べられてしまったり妊娠させられてしまった場合に補償するというものです