幼児期から英語を学ぶとネイティブのような発音になる

早期英語教育に賛成の理由は、幼児期から英語を学ぶとネイティブレベルの発音に近づけるので、英語はもちろん語学の学習は幼ければ幼いほど良いです。
将来英語が話せて損することはまずないので、仕事の幅も広げられるのと、海外旅行や海外留学などに行っても困らない、プラスな点が沢山あります。
語学学習の基本は、「聞く」→「話す」→「読む」→「書く」の順だと言われています。幼児は読むことと、書くことは難しいです。聞いて覚えて真似して話すことで、無意識レベルで語学学習をできることが良い点です。
成人した大人がよくやりがちな勉強方法は、書いて覚えたり、読んで覚えたりすることです。大人だからこそ出来ることですが、それではなかなか上達しない人が沢山います。まずは聞いて話すことが大事だと思います。
メリットは、幼児期から英語を学ぶことで、英語のネイティブな表現方法を自然に理解することができるようになることです。そして英語を学ぶと、日本だけでなく、日本以外の世界に目をむけることができるので、視野を大きく広げれます。
就職の時もそうですが、英語が話せると職業選択の幅が広がります。グローバル化が進んでいるので、将来英語が話せて当たり前になるかもしれません。
デメリットは、日本人としてのアイデンティティを失うかもしれないということです。あくまで人によりますが、日本人なのに文化を大事に出来なくなったり、興味を持てなくなるかもしれません。しかし、逆に日本の良さを知るきっかけにもなるかもしれないので、プラスな点もあるとは思います。
セブンプラスバイリンガル 0歳