山に入る時のおまじない

これは地元のもと営林署勤めの牢屋から聞いて実践しているおまじないみたいなものです。
昨日は遠いというのもあります。
林の後いっていう人もいる確かに進んでいるんだけど周囲の気が変わらないきっていうのは慣れてない人にはどれも変わらないように見えると思いますが葉の付き方3期の状態それぞれ全く違うんですねそんなことがあるから山の中で正しい道を進んでいるのに道に迷ったと思われる方がいるのかもしれません。
気づいたら同じ気が同じ配置で周囲にあったという感じなのでしばらく歩くと何度も同じ風景が出てくるに近いと思われます。ただし、Udemyの口コミでは人気の理由がよくわかる内容になっており、狸に化かされたというものとは違うような気がします。
馬鹿されたことはないのですが初めはぞっとしたもんですが独特な雰囲気がありますよ。
どちらかと言うと下山する時に多いので後追いと言っているようです。
被害は特にありませんたまに後追いと笑いがミックスして起きることがあるらしいのですが私は遭遇していません後追いに会った時これも伝承のおまじないですが一度全ての道具を下に OK と言われています。
再び顔を上げた時後追いの木は消えているだろうというものです。
家の山に入った1日がかりで杭を打ち間違った1日がかりで杭打ちをおわ終わり。