報道されない「宅配クリーニング」の悲鳴現地直撃リポート

多くの方は、引っ越しと宅配クリーニングを契機としていろいろな面にわたって、生活全体を再度見直すことになりますが、いつの間にか引き落とされているNHK受信料をどうするかも考えるきっかけになります。引っ越し後はテレビのないライフスタイルを選ぶのなら、継続して受信料を払う必要もなくなるので、口座からの引き落としやカード払いならばそれを解除し、NHKとの契約を終わらせる手続きを、やってみる価値はあります。
住み替えするのですが、その費用がいかほどになるか大いに不安なのです。友人が前に、一人の引っ越しと宅配クリーニングをした折にはびっくりするくらいの費用がかかっていました。
その話が耳に入っていたので、自分は一体、いくらくらいかかるものなのか心配になっています。
手始めは複数の引越し業者やクリーニング店に、積もり書きをとってもらおうと思います。
引っ越しに入る前に相場を知るという事は、かなり重要なことです。だいたいこれくらいの値段だと把握しておきますと、吹っ掛けられる心配もありません。ただ、年度末の多忙な時期には、値段が高騰するケースが多いですので、余裕をもった予約をお勧めします。引越しを行う時のコツは、新居の間取りを頭に入れておいて、荷造りなどの引越し準備をするということです。
ダンボールなどに荷物や布団や洋服や布団を入れていく時に、荷物や洋服や布団をどこの部屋に置くのかを考えて、段ボールの見えるところに書いておくと新居に入ってから無駄な労力を減らせます。
あと、手続きの必要な物事は計画を立てて行うのが良いです。住居を移転する際、トラックを停止したり、一時的に荷物や衣類を通路に置いたりするため、あらかじめ隣近所の家に挨拶に行くのが常識です。
車の利用や通行の支障になりますので、前もって同意を得ておくとその後のトラブルも防げます。
引越し会社に依頼した時は、そうした事も代行してくれます。
今の家へと引っ越した時期は、ちょうど春の繁盛期間でした。
何しろ引っ越しと宅配クリーニング業者が忙しく、なかなか自分が予約したい時に予約ができず、ものすごく苦労しました。
とどのつまり、午前中でまるごと全部を終わらせるというハードな予定になってしまいましたが、それでもなんとか引っ越しと宅配クリーニング作業は完遂しました。
引越しと宅配クリーニングをするときに、理解しておかなければならない事が、色々な届け出などの手続きです。地元の役場へ届ける手続きだけでなく、電話、インターネット、ガス、水道、電気などの住所変更届も必須です。とりわけガスは立ち合いを求められるので、早期に手続きをしてください。
また、金融機関の通帳や運転免許証等の住所変更手続きも可能な限り早くしておいた方がいいです。
引越しと宅配クリーニングの前日の洗濯する作業として怠っていけないのは、冷蔵庫にたまっている水を抜くことです。
水抜きの方法を知らない人は少なくとも冷蔵庫のコンセントを抜いておくことです。
当たり前ですが、中には何も入れないでください。
そうしなければ、当日冷蔵庫の運搬ができないかもしれません。
ドラム式の洗濯機を使用しています。
二年前、転勤で引っ越しと宅配クリーニングをしました。その時の事です。
新居に荷物や布団や衣類が運搬された時、濡れているダンボールをみつけて引っ越しと宅配クリーニング業者に連絡を入れてみました。
ダンボールが濡れていたのは、洗濯機のホースから出た水だったようで運搬時の揺れなどで出てきてしまい、それに気付かないままずっとトラックで運んできてしまいました。箱が濡れていただけで、別段何か損害が出たわけではありませんが、洗濯機のホースの水抜きは、ちゃんとしておかないと次回からは気を付けたいです。引っ越しもいろいろな方法がありますが、私の場合は自分たちで運べないものだけ業者やクリーニング店にお願いし、後の細かいものは自分たちで動かし、お金を節約しました。
先に荷物や布団を全部移動させ、市役所に転入届を出しに行きました。
あちこちで思いがけないことがあっても、何人もの方が協力してくださり、感謝の一言です。どうにか当日中にご近所に挨拶して、一つ一つ荷物や布団や衣類を開けはじめ、後片付けに取りかかりました。