切手の値段のガイドライン

外国切手というと使い道のないイメージではありますが海外ならではの特徴的な絵柄から、ある程度の人気を集めており、案外集められている切手でもあります。
そのため、買い取っている業者も多数存在してはいますが、希少価値が高くないものだったり、無秩序に集められただけの物であった場合は、取り扱ってくれないことも多いです。
集めた切手の量が膨大な場合には、自ら業者へ持っていくのではなく、出張買取のシステムを使うのが、賢い買取のコツです。
近年、切手の買い取りだけを専門的に行っているという業者も出てきており、買い取りの際に出張してきてくれるという業者も多くなってきています。
出張買取のいい点は、時間をかけて店まで行く必要がなくなり、時間をかけて丁寧に査定をしてもらえるということです。
鑑定士に切手を買取に出すときには、切手シートとしてでなければ駄目なのではと考えている方もいらっしゃいますがひとまとまりになっていなくても切手は買い取ってもらえます。
ですが、大体切手10枚以上と比較して買い取り価格が安くなります。
それに加えて、もし汚れていたり、あるいは糊が落ちている状態であると、なおさら安く買取られることになることがあります。
何か記念日があると記念品扱いで発売されることもあり扱われる時期がいつなのかによって切手は流通する量も、それぞれかなり変わってきます。それと同時に、買取の金額もかなり上下しますので、「より高額に買い取ってもらいたい」というケース、どの時点で切手を買い取ってもらうかも関わってきます。
レアものなど、ちょっと高額に売れそうな切手なら、専門業者に買い取ってもらおうとしても同じものでも、コンディションの良し悪しをみて買い取りプライスが大きく変わるのはいうまでもありません。
それを念頭に置き、今のコンディションをキープしながら有利に交渉してプレミアムな切手を売ろうと考えているならどのように保管していけば一番いいか、チェックを怠らないでください。
使い終わった切手に値がつくはずがないなんて想像している人もいるでしょうが、実際には考えてもいない結果になる可能性もあるかもしれません。特に年代の古いもので綺麗なまま保管されていて収集家にとって魅力のあるものなら、既に使用してしまった珍しい切手であろうとも買取してもらえる可能性もあります。
もしも、「そういう切手、うちにある!」と心当たりがあるのであれば是非切手の買取業者へ聞いてみましょう。知らない人はいないと思いますが、元々、珍しい切手はふつう、郵便物に使う形に一枚一枚バラバラに分かれてはいないです。
初めは切手数枚が繋がったいわゆる「切手シート」として印刷されます。切手を買い取りに出すときには当然、切手シートになっている状態でも買取可能で、ひとまとまりになっていない切手の買取より高額に買い取られることになることが多いです。
愛知県の切手の値段のホームページ

もしもあなたが切手を買い取ったもらおうとする際には、シートとして組になった状態で売ることをお勧めします。
なぜならその方がレートが高くなるからです。けれども、一つ例を挙げると、「バラしか持ってないよ」というケースでも、買い取りの際、工夫すればレートを高くできます。
どうしたらいいのか?簡単です。台紙に貼ればいいのです。どういう風に貼ればよいかというと、まず、同じ額面の珍しい切手を50枚とA3サイズの紙(A4二枚貼り合わせでも可)を用意します。それを縦5行、横10列になるように貼り付けるのです。単にこれをするかしないかでレートが10%も違うことが考えられるので記憶に留めておいてください。長期間にわたって、切手を集め続けている方の立場からすると、買取に出してしまうということは我が子をどこかへやってしまうくらいの気分になってしまう可能性もあります。
どちらにしろ別れてしまうのなら、可能な限り高値で買い取ってもらえるところを見つけるのがいいと思います。
 同じ手離すにしても珍しい切手にとってはそうしてくれた方が本望だろうと思うからです。
切手というものは、バラであったとしても買い取ってもらえるようです。よく知らなかったのですが、台紙に切手を貼って買い取ってもらう時のやり方についてみてみたら綺麗に並べなければ認めてもらえない様でちょっと躊躇してしまいます。
ですが、買い取ってもらう時に貼りついている方が高いという事であれば、手間をかけてみてもいいかもしれません。