保証ファクタリングを利用するメリットが大きい

お客さまの販売先の信用力に不安がある場合、当行提携のファクタリング会社に一定の保証料を支払っていただくことにより、ファクタリング会社が販売先ごとに定めた保証限度額の範囲内で売掛金・受取手形の決済を保証する商品です。

ファクタリング会社の社員が同行してファクタリングの仕組みや欧米ではサービスが一般的であることを代わりに説明してくれます。3社間ファクタリングですから、ファクタリング手数料が安いメリットがあります。

保証ファクタリングとは、売上債権(売掛金、受取手形)の決済を保証するサービスです。希望する販売先に保証限度額を定めておけば、その販売先が倒産し貸倒れが発生した場合、三菱UFJファクター株式会社から保証金額を受取ることができますので、ご利用されるお客さまには以下のようなメリットがあります。

2者間ファクタリングでは、ファクタリング利用者とファクタリング会社の2者間で取引するファクタリングで、ファクタリング利用者からファクタリング会社に売掛債権が譲渡される形になります。ファクタリング利用者からファクタリング会社に債権が譲渡されるのは同じですが、譲渡された後は、ファクタリング会社と売掛先企業とが直接やり取りを行います。

保証ファクタリングは売掛債権の支払いをファクタリング会社が保証するというものです。

ファクタリングは一般的に「一般的に売掛債権を売却することで本来の期日前に現金化する取引のこと」ですが、これと比べると、同じファクタリングと名前がついているとはいえ、少し異なる性質を持つものだといえるでしょう。

保証ファクタリングとは?メリットとデメリット