ファクタリング会社は個人事業主を審査しています

ファクタリングに関する多くの質問の中で、一番多い質問が「今はファクタリングは個人事業主でもOKなのか?」です。個人事業主のファクタリングは比較的少額のいわゆる小口ファクタリングに分類されます。

主に30万~200万くらいのことを指しますが、ファクタリング会社にとっては金額に関係なく、手続きにかかるコストは一緒です。現在のファクタリングは、オンラインが多く2社間ファクタリングが主流です。

2社間ファクタリングは売掛先には一切連絡などいくことはありませんので、ファクタリングの利用がばれることはありません。また法人と同様に、優良債権であればたとえ少額でも、個人事業主でも積極的に買い取りを行います。

例えば名が知れた大企業に対する売掛金だったり、売掛先との継続的な取引が長期間続いていたり、入金遅れがないことがわかれば買い取りに問題はありません。ファクタリング 個人事業主 即日調達

そこで今回は個人事業主がファクタリングを利用するときに関して詳しくご紹介したいと思います。また、融資する資金の使途も審査の基準の一つであり、その融資によって事業にどのような影響を及ぼすのか、つまり設備投資等によってより事業の成長が望めるといった融資の理由も必要となってきます。

これらをしっかりと明確にし、準備を行った上で融資相談を行うことが望ましいです。個人事業主は債権譲渡登記制度を利用出来ない、まとまった売掛債権が無い、といった理由からファクタリング取引に不向きとされてきました。